【YouTube】再生リストで再生回数を増やす方法

こんにちは。
普段YouTubeで他チャンネルを見て研究をしているのですが、その中でも一番気になったことがあります。

登録者が少ないチャンネルは再生リストを作成していないことが多い」ということです。

結構多くのチャンネルで再生リストを作っていなかったので今回は再生リストの大切さ、再生リストで再生回数を増やす方法をご紹介していきたいと思います。

再生リストで再生回数を増やす

特にYouTubeを始めたばかりの方は再生リストを作るメリットを知らない場合が多いかもしれません。
ただ先に言っておくと再生リストは再生回数やチャンネル登録者を増やすことに繋がる要素です。

これから再生リストを作るメリットとその効果について触れていきたいと思います。

動画のジャンルを分けることができる

再生リストで動画のジャンル分けをしておくことで視聴者さんが目的の動画を探しやすくなります。
これはチャンネルに来てくれた人やチャンネル登録してくれている人にとってのメリットです。
1つの大まかなジャンルの中でも内容によってさらに細かく分けることができます。

マルチ系の方やゲーム実況でいくつかの違う種類の動画を配信する方は必須だと思います。

ジャンル分けをすることで、チャンネルが整理されブランディングを保つことができます。
もしいくつかの種類の動画を配信していて再生リストでジャンル分けされていない場合は、そのチャンネルが何をしているチャンネルなのか分からないですよね。

例えば、ゲーム実況チャンネルという大まかなジャンルを決めたとして、その中でいくつか別のゲームソフトのプレイ動画を出す場合などは再生リストを作って置くことでチャンネルがゴチャゴチャ見えずに分かりやすいです。

チャンネルのホーム画面に置くことができる

上で記載したジャンル分けをしていることが前提ですが、再生リストをチャンネルのホーム画面に置くことでチャンネルを訪問した人にどんな動画があるのかを分かりやすく見せることができます。

特にジャンル分けしている方はオススメの再生リストをホーム画面に置いたほうがいいです。

もしチャンネル登録してもらえて、チャンネル内の同じようなジャンルの動画を見たいと思ったときに再生リストからすぐに探せるようにしましょう。
再生リストがないと視聴者さんは見たい動画を探さないといけません。もし見つけるのに時間がかかってしまったら見てくれる可能性は下がります。

そしてこの再生リストをチャンネルのホーム画面に置くことでどんなチャンネルなのかホーム画面で分かるためブランディングに繋がります。

再生リストも検索結果に表示される

ここが一番のメリットだと思います。

再生リストも動画と同様に検索結果に表示されます。
もしその再生リストを再生してもらうことができたら自分の動画を続けて見てもらえるかもしれません。

数%の可能性かもしれませんが、動画以外にも自分の動画を見てもらえる流入先を作ることは大事です。
YouTubeの視聴者の数を考えるとその数%が何十倍何百倍にも膨らむからです。

ここで気をつけたいことは、

検索結果に表示されるということは再生リストのタイトルも大事だということです。
再生リストのタイトルも動画検索で検索されそうなワードを使う必要があります。

さらに視聴者さんが求めていることを解決できるようなタイトルだとベストです。

例えば「クッキング」や「オリジナル曲」などの単語ではなく「夏に聴きたい曲」や「◯◯を〇〇する方法」など視聴者が求めている事を解決してくれそうなタイトルをつけるのが効果的です。かつ検索を意識したキーワードを入れておきましょう。

音楽チャンネルを運営している方で、1曲1曲を動画で配信して更に再生リストも曲単位で作っている方がいました。
これは自分も試したことが無いので効果があるのか分からないですが、検索結果に1つの音楽を2箇所表示されるのであればとても効果的だと思います。

ただその場合は再生リストとしての機能はほぼ皆無なので自分はしていません。
検索だけを考えると効果的かもしれませんが。。

動画内で紹介できる

動画内のカードや終了画面で再生リストを紹介することができ、視聴者さんにクリックを促すことができるのでそこでも再生リストを再生してもらえるチャンスがあります。
その動画に関連した再生リストを表示させることでクリックしてもらえる確率も高まります。

まとめ

いくつか再生リストを作成するメリットをご紹介しましたが、やはりブランディングと検索に効果的ということは確かですね。
再生リストを作るのは簡単ですし、これだけのメリットがあれば作っておくに越したことはないですね。

効果的な再生リストを作成して、チャンネル登録者数と再生回数を増やしてみましょう。
さらに自分の理想としているチャンネルの再生リストを調べて真似してもいいかもしれませんね!