【YouTube】チャンネル登録者が増えない3つの原因

こんにちは!

今回は自分の経験も踏まえてチャンネル登録者が増えない原因をご紹介していきます。
特にYouTubeを始めたばかりでチャンネル登録者数が1桁や2桁でなかなか伸びていないという方が対象です。

チャンネル登録者が増えない3つの原因

1. 動画のジャンルがバラバラ

自分のチャンネルで配信している動画のジャンルがバラバラな場合です。顔出しして自分のキャラを売りにしている場合(マルチ系YouTuber)であれば大丈夫ですが、現状始めからマルチで始めるのはとても厳しいと思います。

できる限り動画のジャンルを統一させ自分のチャンネルをブランディングしていきましょう。
1つ1つの動画のクオリティーが高くてもジャンルがバラバラだった場合はチャンネル登録してもらえる可能性が下がってしまいます。

視聴者側に立ってみて、「今はこういう動画見たいからあのチャンネルをチェックしてみよう!」というように視聴者のニーズに合わせた動画で統一させることで、動画だけでなくチャンネル自体に興味を持ちチャンネル登録をしてくれる可能性が高まります。

もちろん色々なジャンルの動画を配信してみて手応えのあったジャンルを伸ばしていく方法もありますが、これはある程度大まかなジャンルの中で動画内容を変えてみて試すのがいいと思います。

全く違うジャンルの動画を配信してみる場合は別のアカウントを使った方が自身のブランドを保つことができます。
もちろん視聴者のニーズに合わせて動画のジャンルを変えることはチャンネルによっては可能です。

2. ブランディングができていない

上記の動画のジャンルも含みますが、チャンネルのホーム画面の印象はとても大事です。
視聴者が自分の動画1つを見て興味を持ってくれた場合チャンネルページに飛ぶことがあると思います。
そのときにチャンネルのホーム画面を見ただけでどういうジャンルを配信しているチャンネルなのか分かるようにしておく必要があります。

さらにアイコンやチャンネルアート、サムネイルのデザインがホーム画面では重要になってきます。
チャンネルの第一印象で、ジャンルや雰囲気が好きかどうか判断されるからです。

人と同じで第一印象は大事ということですね。髪がボサボサで服がボロボロだとあまり印象が良くないという感じで、チャンネルページもデザインにこだわったり動画が分かりやすいように整理しておきましょう。

あとは再生リストも作成して自分のチャンネルの中でもさらにジャンル分けして動画を探しやすくしておきましょう。

3. 需要を捉えていない動画

いわゆる自己満な動画ですね。笑い、感動、衝撃、恐怖、ノウハウ、癒やしなど視聴者が求めていることを解決できるような動画でないといけません。さらに自分ではなく視聴者が欲している情報を発信していくことが大事です。自分が面白いと思ったとしても視聴者は面白いと感じてくれない場合もありますので、しっかりと事前に調査して需要のありそうな動画の内容にした方がいいです。

さいごに

再生回数を増やす方法とチャンネル登録者を増やすのは方法が違っている部分があります。
もちろん再生回数が多いほどチャンネル登録者数は増える可能性は高いですが、始めたばかりで再生回数も1桁2桁の場合はそれよりもブランディングを意識して少ない視聴回数の中でもファンを着実に増やしていくことが大事だと思います。