【FLstudio】簡単にボーカルチョップを作る方法

こんにちは。
今回はFLstudioに付属している「Fruity slicer」を使ってボーカル素材を切り刻んでMIDIに割り当てる方法をご紹介したいと思います。
ボーカルチョップは楽曲でよく使うのでぜひ覚えておきたいですね!
今回紹介する方法は初心者の方でも簡単にできます。

FLstudioでボーカルチョップを作る

1. Fruity slicerを読み込む

チャンネルラックにInstrumentとして「Fruity slicer」を読み込みましょう。

2. ボーカルサンプルを読み込む

上記画像の「Fruity slicer」の部分にオーディオ素材をドラッグアンドドロップで読み込みます。
(Fruity slicerの画面からもデータを読み込み可能)

自動的にMIDIに割り振られたことが確認できます。
この時点ですでにMIDIキーボードでスライスされた音を鳴らすことはできます。
ただ素材は自動的にスライスされている状態なので、次の工程で自分の好きなタイミングにスライスしましょう。

3. 好きなタイミングでオーディオ素材をスライスする

次に「Fruity slicer」の画面を開きます。
ここで自分の好きなタイミングでボーカルを刻むことができます。
(スライス後は自動的にMIDIに反映されます)

右下のLOWHIGHのつまみでスライス具合を自動的に調整できます。
ビートに合わせたい場合も上の方にある「切る」アイコンをクリックすることで設定可能です。

4. ピアノロールを開く

ピアノロールを開くとスライスしたボーカル素材がMIDIに振られていることが分かります。

これから打ち込んで行くので一度全て消しておきましょう。

5. 好きに打ち込んでいく

ここまでできればあとは自分の楽曲に合わせて打ち込んでいきましょう。
ちなみにピッチやパンの調整はピアノロール画面の下の部分で調整できますので楽曲に合わせて設定しましょう。

ピアノロール画面の左下の「Control」を押すことで設定したい項目を選択できます。

さいごに

FLstudio付属のプラグインで簡単にボーカルチョップが作れるのはありがたいですね。
楽曲にさらに色をつけることができる機能なのでぜひ一度試してみてください。

高品質なボーカル素材を探すにはこちらの記事も参考にしてみてください↓↓
[Splice] DTMで使える高品質のオーディオ素材を手に入れる方法