【YoutTube】初心者が絶対に考えておくべき3つのこと

こんにちは!
2020年になって新しいことにチャレンジしようと考えている方は多いかと思います。
その中でもYouTubeを始めようと思っている方も多いのではないでしょうか?

自分は約1年前にYouTubeを始め、今現在はチャンネル登録者数2100人ほどです。
特にバズることも今の所なく地道に活動しています。
そこで約1年間YouTubeに関する知識やマーケティングをしてきた中で多くのチャンネルを見てきました。
さらに周りにもYouTubeを始める友達もいたのですが、あまり何も考えずにとりあえず好きなことを動画にして配信している人が多かったため、
今回は初心者が絶対に考えておくべきことを紹介したいと思います。

初心者が絶対に考えておくべき3つのこと

1. ターゲットを明確にする

例えばあなたがクッキング動画を上げるとしてターゲットは誰を考えますか?
おそらく多くの方が考えているのは「料理好きな方」というようなざっくりとしたターゲットかと思います。
もちろんざっくりとしたターゲットも考えておくべきですが、これからYouTubeを始める場合ざっくりとしたターゲットでは確実に埋もれてしまい視聴されません。

ここで例えば、「1人暮らしの男子」や「節約を考えている主婦」、「オーガニック食材を使う人」等自分の動画のターゲットを「料理好き」からさらに絞りましょう。
逆に、ターゲットさえ絞られていればブランディングや動画制作も簡単に行うこともできチャンネル登録者を増やす近道になります。

これまでターゲットの設定が甘く全く視聴されずに挫折する人を見てきました。
ジャンルは王道だとしてもターゲットを絞ることでニッチなジャンルになったりしますし、「料理」という広いマーケットの中でターゲットを絞ることでチャンネルの差別化を図ることができます。

下手にニッチなジャンルを探すよりも無難にチャンネル登録者を増やすことができます。

YouTubeはもう飽和状態になっているジャンルも多いですがそれはあくまで大きなざっくりとしたジャンルであって、
そこからターゲットを絞ることで独自のジャンルを開拓することができます。

1ポイントアドバイス

大まかなジャンル→王道
ターゲット→明確に細かく設定

こうすることで王道ジャンルから視聴者も流れてきますしチャンネル登録者獲得もしっかりできるようになります。

2. YouTube内で自分の存在をアピールする

これもほとんどの方がしていないことだと思います。
自分の動画をアップロードしてからあとは視聴されるのを待っていませんか?

始めたばかりで誰からも見られないのは当たり前です。そこで何もしていない場合は自分から行動しましょう。
SNSでの拡散はもちろんですが、もう一つ効果的なのは自分から他のチャンネルの動画にコメントすることです。

自分のチャンネルと同じくらいの規模のチャンネルを探して積極的にコメントしてコミュニケーションを取るようにしましょう。
始めのうちは同じようなレベルのクリエイター同士でコメントし合ったり高評価をつけ合うことで動画の評価を高めることができます。
それができれば次第に他の視聴者の方にも視聴されるようになってきます。

初めのうちはコメント数も少なく、コメントがついたらほぼ確実に返信したり確認します。
そこでそういったチャンネルにコメントすることでお互いにチャンネル登録したりコメントし合ったりするようになります。
最初はそのように動画の評価を地道に上げていく努力も必要です。

ここで注意すべきことは、「自分の動画を見て!」というような内容であったり、
同じ内容のコメントのコピペをするとスパム扱いされコメント表示されずに「スパムの可能性あり」のボックスに送られることになります。

あくまで好意を持ってコミュニケーションを取り、その延長線上でお互いがお互いのファンになることが大事です。

さらにすでにコメント数が多い動画の場合はコメントへの反応が薄い可能性が高いため効果が無いことが多いです。

1ポイントアドバイス

自分とほぼ同じ規模のチャンネルにコメントするようにしましょう。
さらにさり気なく自分もクリエイターであることがアピールできればベストです。

3. 初めからクオリティーを求めすぎない

これもかなり多くの方を見てきました。
初めからクオリティーを意識しすぎてそもそも動画制作以前の段階で悩んでいる人が多いです。
もちろん動画制作する前に色々考えておくべきことはありますが、
「こういう動画いいなー」に時間を使いすぎている人は要注意です。

ある程度どんな感じに動画制作するか決まったら、すぐに制作を始めましょう。
そこで作成しながらクオリティーを上げる意識をしておきましょう。
実際やってみないことには進みません。

そして始めから高クオリティーな動画を制作しようとする人はほとんどの確率で挫折します。
もちろん初めたばかりでも時間をかければ高クオリティーな動画を制作することはできます。

ただその動画が視聴されなかったときのメンタル的ダメージも大きいです。
これだけ時間を使って動画編集して絶対いい動画なのに、、という考えになってしまったら挫折への1歩を歩んでしまっています。

「クオリティーは数をこなして上げていく」という意識を持ちましょう。
特にプライドの高い方はこの状態になりやすく挫折しやすいです。

初めは60%くらいの気持ちで気軽に作るように意識することで、動画制作へのモチベーションも維持しやすく更新頻度も上がります。
まずは楽しめることが大切です。
それを続けていけばクオリティーは意識していれば徐々に上がっていきますし、作業にも慣れてくるためクオリティーアップに必要な労力も少なくなります。

1ポイントアドバイス

初めはクオリティーを求めず、自分が続けられるくらいの力(適当でも大丈夫です)で動画制作をしましょう。
高クオリティーの動画が制作できたとしても続かなければ意味がないです。

さいごに

これからYouTubeを始める方や初心者の方は、きちんとチャンネルのターゲットを明確にして動画投稿を続けることでバズることはなくても着実にチャンネル登録者や再生回数は増えていきますので、しっかりと考えることだけ考えて、後は動画制作を楽しめる範囲で継続していきましょう。
初めは誰にも見られなくて当たり前ですので、もし10回再生されただけでも十分すごいと思います。
地道に続けてファンを獲得していきましょう。