【After Effects】オーディオスペクトラムを使って音楽動画にエフェクトをつけよう

こんにちは。
今回はAdobeAfter Effectsを使って音楽動画にかっこいいエフェクトをつけることのできる「オーディオスペクトラム」というエフェクトをご紹介します。
ここでは実際にAfter Effectsを使ってエフェクトを作る方法ではなく「こんなことができるんだ」という紹介の記事になります。
具体的な作成方法はリンクを貼っておりますので動画で確認してみてください。

エフェクトの必要性

今現在音楽クリエイターとして活動している方の多くはSoundCloudYouTubeなどソーシャルメディアを活用していると思いますが、特にYouTubeでは音楽+動画を楽しむ要素が含まれています。

そこで音楽を耳で聴くことはもちろん、映像を楽しむという点でも動画制作をすることで視聴者に飽きさせないコンテンツになると思います。
オシャレな画像(静止画)+音楽というよりかは、一つでも音に合わせて動くエフェクトがあることで目でも楽しませる要素を含ませることができます。

オーディオスペクトラムとは

映像のエフェクトの一つで音楽に合わせて波形が動くようなエフェクトです。
こんな感じのエフェクトになります。

設定によって様々な形のオーディオスペクトラムを作ることができます。

自分の動画では「波のような波形」と「シンプルなオーディオ波形」の動画がありますので、もしよければ見てみてください。

1, 波のようなオーディオスペクトラム

2, シンプルなオーディオスペクトラム

こういった感じで自分は使っています。

After EffectsでオーディオスペクトラムをつけてPremier Proでオープニングやその他編集をしています。


オーディオスペクトラムの作り方

オーディオスペクトラムの作り方と参考になるYouTubeチャンネルをご紹介します。
自分もこの「あくしょんプラネット」さんの動画を見ながら作りました。
色々な形のオーディオスペクトラムとその作り方を紹介していますので是非参考にしてみてください。

あくしょんプラネット

基本的に動画で説明されている通りに自分も操作すれば全く同じオーディオスペクトラムを制作することができます。

その他After Effectsでできることやもっと技術を向上させて自分の動画のエフェクトのクオリティを上げたい方はこちらの教材がオススメです。
After Effectsの基礎を学ぶことができます。
正直YouTubeやネットで検索すれば自分で調べることのできる情報ばかりですが、そもそも「検索キーワードが分からない」というような初心者の方にはとてもオススメです。