【YouTube】チャンネル登録者数が5000人を超えました〜報告と経緯〜

こんにちは!
今回はただのご報告記事になります。

今現在(2020年4月11日時点)YouTubeのチャンネル登録者5000人を超えました。
もしこの記事を見てくださっている方の中でチャンネル登録してくれている方がいれば本当に有難うございます。

ここで一度自身のチャンネルのチャンネル登録者数の推移を簡単にご紹介したいと思います。

チャンネル登録者数5000人までの流れ

2019年2月チャンネル開設

2019年8月 チャンネル登録者1000人達成

2019年12月 チャンネル登録者2000人達成

2020年3月 チャンネル登録者3000人達成
2020年3月 チャンネル登録者4000人達成

2020年4月 チャンネル登録者5000人達成

このような感じでチャンネル登録者が増えてきています。
ここ最近では伸びが早くなったと感じます。

初めの数ヶ月間

YouTubeを初めて数ヶ月はチャンネル登録者も30人とか数十人程度でした。
再生回数も多くて50回程度で全く伸びませんでした。。
ほぼ誰にも見られないという期間がとても長く一番辛い時期だったと思います。

約半年後

約半年が経過した時点で色々と策を試していたのですが、チャンネル登録者を増やす方法として広告を使ってみたところ爆発的にチャンネル登録者数が増えました。
このおかげでチャンネル登録者1000人はあっという間に達成できました。

ただ今になって言えることは広告を使って増えたチャンネル登録者はあまりアクティブなユーザーではなかったということです。
広告を使ったことで再生回数とチャンネル登録者数は増えましたが、広告から再生された以外の再生数は広告を使う前とほぼ変わっていないため純粋なファンを獲得するのは難しいと感じました。
これは自分だけなのかもしれませんが、広告から得た再生時間は収益化の対象にはならないようでカウントされていません。
これを考えると広告を使う意味はあまりないかもしれません。

ただ自分の場合は広告のおかげだとしてもチャンネル登録者数や再生回数が増えることがモチベーション維持に繋がっていたため結果オーライかと思っています。(思うようにしてますw)

約1年後

他の方も言っているように動画数が100を超えたあたりから再生回数やチャンネル登録者数に伸びを感じました。
特に関連動画からの流入が増えたと思います。
1つ自分の動画を見てもらったら関連動画からもう1つといった感じで視聴されています。
これはやはり動画数が多いほうが関連動画に掲載される可能性も上がり結果再生回数が増えたのだと思います。

音楽系YouTuberとして

自分の場合だけかもしれませんが、他のマルチ系や顔出しトーク、ゲーム実況など他のジャンルに比べて再生数を爆発的に短期間で伸ばすのは難しいかと感じています。
どちらかというと時間をかけてジワジワと伸びてくる感じです。
ただ逆にいうと長く見られる動画(寿命のない動画)だとは思います。

それを考えると運任せではなく少しずつ着実に成長していけるジャンルではないかと思っています。
更に音楽の場合はYouTube以外のメディアも幅広く活用できるのでそこはメリットです。
再生回数は少ないもののこれからの期待も込めてモチベーションを上げて活動していきたいと思います。