【DTM・クリエイター向け】デュアルディスプレイで作業効率を上げる方法

こんにちは。
今回はDTMerやPCで作曲編曲しているクリエイター向けの記事です。

ここではデュアルディスプレイにすることでどんなメリットやデメリットがあるのかを考察していきます。

デュアルディスプレイとは

簡単に説明するとPCとモニターを繋いで2つの画面を使うことです。
マルチモニターとも言い、2台なら「デュアルモニター」3台なら「トリプルモニター」と言います。
ミラーリング(PC画面を別のモニターに表示する)とは異なり2つの画面をそれぞれ使って作業することができます。

モニターとPCを接続する方法

今回は自分が使っているMacBook Proを例に紹介していきたいと思います。

PCとモニターを接続するにはHDMIケーブルを使用します。
モニター(HDMI対応)にはHDMIケーブルを挿す場所がありますが、MacBook Proにはありません。
ですので、MacBook Proの場合はUSB-type Cから変換して挿す必要があります。

変換する方法は、変換器を使う以外はありません。
自分の場合は以下の変換器を使っています。


これを使うことでMacBook ProとモニターをHDMIケーブルで接続することができます。

設定方法

PCとモニターの接続が完了したら、PCの画面で「設定」を開きます。

次に「ディスプレイ」を選択します。

そして「配置」を選択し、PC画面とモニター画面の位置を設定します。
以下写真の場合だと、マウスをPC画面の上に持っていくとそのままモニターにマウスが移ります。

(ここで「ディスプレイをミラーリング」にチェックをつけるとPC画面がそのままモニターに表示されます。)
今回はPC画面とモニター画面は別々にしたいのでチェックはなしです。

これでデュアルディスプレイの設定が完了です。

コスパ最高のモニターを紹介

今自分が使っているのは以下のモニターです。


画面の大きさは23インチで薄型なので場所に困りませんでした。
あとはなんと言っても値段の安さです。
約12000円なので他のモニターと比べると圧倒的に安かったです。

もっと値段の高いものは4Kの物など色々ありますが自分は作業用なのでそこまで気にしないのでこれにしました。
画質も素人には分からないほど普通にキレイです。

デュアルモニターのメリット

PCで作業しているクリエイターにとって、ファイルの管理やウインドウの整理はなんだかんだ一番多い作業かと思います。
デュアルディスプレイで作業しているとモニター画面でメインの作業をしつつPC画面で必要なウィンドウを開いておくことができます。
いちいち作業画面を切り替得る必要がなく一見で必要なファイルやウインドウにアクセスできます。

特に作曲している時はモニターでプロジェクト画面を開いてPC画面でミキサーやプラグインを表示することができるため、画面を切り替えたり一つの画面がごちゃごちゃしなくなります。
クリエイターにとってこの小さなストレスフリーはマインドに大きく影響を与えると僕は思います。

あと個人的にはMacBook Proで作業していた時に比べて視点が上がった事により猫背にならないようになりましたw

デュアルモニターのデメリット

デメリットは単純にモニターや変換器等コストが多少かかる部分です。
さらに作業環境によってはモニターを置く場所に悩むことがあるかもしれません。
あと頻繁にノートPCを外に持ち運ぶ人は毎回家で作業する際にケーブルを接続する必要があります。

さいごに

自分のようにノートパソコンで作業している人にとってはデュアルディスプレイは劇的に作業効率がアップします。
デスクトップPCで作業している方にとっても作業画面と別の画面で分けることで同時に扱えるものが多くなるためかなりおすすめです!