【目標がある方向け】挫折せずに継続する・習慣化する4つの方法

こんにちは。
今回は「クリエイティブな活動を継続したい / 何か目標に向かって頑張りたいけどすぐ挫折してしまう」という方向けに、作業を毎日(長期間)継続する方法をご紹介します。
特に三日坊主の方に見てほしい記事になっています。

この記事の対象者

  • 夢はあるのになかなか努力できない
  • モチベーションに波がある
  • やると決めた時だけ頑張れるが続かない
  • 他の娯楽に誘惑されてしまう
  • やらなければいけないがあまり好きな作業ではない

ざっくりこんな方向けの記事になっています。

挫折せずに継続する・習慣化する方法

1. 成功した姿を想像する

まず自分がその作業をすることで将来的にどのようになれるのかポジティブな面を考えましょう。
その成功がこの先遠い未来であっても問題はありません。まず自分がその作業をするためのモチベーションを高めましょう。

メンタル的にはその作業に対する「しんどい」とか「辛い」というネガティブな気持ちよりも、「こうなりたい」や「もっと自分の実力を上げたい」などポジティブな気持ちを圧倒的に高めておく必要があります。それは一時的ではなく常にポジティブな気持ちが勝つくらい強い気持ちを作ってください。

それには成功した先に待っている喜び理想の姿を常にイメージすることが大切です。

2. いい環境を作る

何か目標のある方にとって自分の周りの環境はとても重要です。
それは周りの人間関係や仕事であったり、家庭内の物理的環境でもあったりします。

自分のメンタルが切羽詰まっている状態では心に余裕がなく、何か目的があったとしてもモチベーションに左右されます。これは常にそういった余裕のある環境にするのではなく1日のうちに数時間(作業したい時間)だけでもストレスフリーな環境にすれば良いだけです。

メンタルは自分が思っている以上に影響を受けやすいので作業中は嫌な事を考えないようにしたり、友人からのメッセージも見ないようにして自分だけの時間を作ることをオススメします。

さらに作業している自分やその時間を好きになることも重要です。
例えばオシャレなデスクや雑貨を置いてみたり、作業中は好きな飲物を飲んだりとその場所でその作業をしている時間を好きになりましょう。作業自体は少し苦だったとしてもその時間を好きになることはできます。

3. 一度に無理しすぎない

自分のすることにもよりますが、一度に頑張りすぎてその後とてつもない疲れが出るようであればそこまで頑張らない方がいいです。というのも長く継続したり挫折しないためにはその作業に対してネガティブな気持ちを持たないようにする必要があります。

一度に頑張りすぎた場合、「昨日あれだけやったから今日は休もう」や「結構辛い作業だ」と思ってしまい次に繋がりにくくなります。

それよりかは、ある程度頑張った時点で区切りを付けて次に回す方が長続きします。
多くの人が「よしこれをやろう」と決めてから頑張りすぎてすぐに挫折します。

その作業が好きでやっている場合は大丈夫なのですが、何か目標に向かってその作業が少し苦でも頑張っているという方は特に挫折しやすいので、ある程度は余裕を持った方が継続でき習慣化することができます。

4. 少しでも毎日必ずやる

継続したり習慣化するために「毎日やる」というのは少しおかしいと感じるかもしれませんが、これまでこんな経験をした方はいませんか?

「何日かやらなかったらもうやる気が出なくなった」

これは自分も同じ経験があります。
1日やらないだけで次やる時に必要なモチベーションの量がかなり高くなる気がします。

逆に少しでも毎日やっている場合は作業に対してのモチベーションを維持できるためすぐに作業に取りかかれます。

本当に自分の場合も、一日頑張って翌日休んだらその次の日も休んでしまったこともあります。

長く継続、習慣化させるためには、自分のマインドをコントロールする必要があるように感じます。
逆に少しでも毎日作業していると不思議なようにその作業を毎日するようになりますし苦に感じなくなります。

自分の趣味や好きなことでも同じように、何日かやらなかったら飽きてしまったというよりやらなくなった。という経験はないですか?

どうしても毎日が難しい方は、予め作業する曜日を決めておきその生活を習慣化させることもできます。
その場合は週単位で考え、1週でも休まないことをオススメします。