Spotifyで再生回数を増やす方法(おすすめサブミット先5選)

こんにちは!

今回はSpotifyで自分の楽曲の再生回数を増やす方法をご紹介します。
音楽活動をしていてSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスで配信している方向けの記事になります。

おすすめのサブミット先(無料)もご紹介しています!

Spotifyで再生回数を増やす方法

Spotifyで自分の楽曲の再生回数を増やす方法は大きく分けて2つあります。

1. 自分でシェアする

まず自分の楽曲を他のSNSなどでシェアする方法です。

これはSpotifyで再生回数を増やすための基礎になります。自分のYouTubeやInstagramやTwitther、Soundcloud等で「Spotifyで聴いてください」と発信することで自分のフォロワーの方に聴いてもらえる機会を増やします。

自分のフォロワーが少ない場合はあまり効果は感じられないですが何もしないよりかは効果的ですし、フォロワーが増えてくるにつれて効果が目に見えるようになってきます。

2. 他人にシェアしてもらう

この記事で一番重要なポイントです。

自分に影響力が少ない場合でも誰でもSpotifyの再生回数を増やせる可能性があるからです。

これは、自分でシェアするのではなくSpotifyの人気プレイリストを運営している方に自分の楽曲を聴いてもらい、気に入ってもらえた場合はそのプレイリストに追加してもらえます。

この「自分の楽曲を聴いてもらう」ことを以下ではサブミットと言います。

サブミットするメリット

世の中には数多くのプレイリストを作っている方や音楽ブロガーがいます。さらにはプレイリストを持っているレコードレーベルもあります。

そして彼らの中には人気でフォロワーの多いプレイリストを持つ方もたくさんいます。

そのフォロワーの多いプレイリストに自分の楽曲を追加してもらえると自分の楽曲も再生されるため再生回数が増えます。

サブミットには有料と無料のものがありますが、個人的には無料でできる限り多くの方にサブミットすることをオススメします。(もちろん有料の方もメリットはあります)

※基本的にサブミット先は海外サイトなので英語表記です。

おすすめサブミット先5選(無料)

1. Indiemono

サブミットはこちらから

こちらは予め用意されているプレイリストのジャンルから一つ選んでサブミットします。

2. SOUNDPLATE

サブミットはこちらから

こちらもまずジャンルを選んでからサブミットするタイプです。

3. workhardplaylist

サブミットはこちらから

こちらは先にサブミット先のプレイリストやプレイリストの管理者を選択してからサブミットします。

4. AiA (artist intelligence agency)

サブミットはこちらから

こちらは無料のアカウント登録が必要です。
サブミットは楽曲情報とジャンルを選択してサブミットするだけです。

5. Daily Playlists

サブミットはこちらから

サブミットしたい楽曲のURLを入力してからサブミット先のプレイリストを選択(複数可)できます。

さいごに

ご紹介したサブミット先は全て無料でサブミットできる上フォロワーも多いプレイリストが多く、気に入ってもらえると再生回数が一気に増える可能性があります。

ぜひこの記事をブックマークして活用していただけると嬉しいです。

それでは楽しい音楽ライフを♫