【楽曲配信】DistrokidとRouteNoteどちらがオススメ?

こんにちは!
今回は音楽配信代行サービス(Distributor)「Distrokid」と「RouteNote」を比較したいと思います。

これからオリジナル楽曲をSpotifyやAppleMusicなどストアから配信したいと考えている方向けの記事になります。
他にも同じようなサービスはありますが、自分は費用や報酬割合などを調査した結果この2つを使っています。

自分の周りのVlog楽曲を制作している海外プロデューサーも多くがどちらかのサービスを使っています。

ここではこの記事を見てくださっている方それぞれが自分に合った音楽配信代行サービス(Distributor)を見つけるきっかけになればいいなと思っています。


DistrokidとRouteNoteの違い

1, コスト

まずこの2つどちらもオススメですが、明らかに違うのはコスト面(無料有料か)です。

コスト比較

Distrokid>

(Musician プラン)
・$19.99/年
・1アーティスト/バンド
・登録楽曲数無制限

(Musician Plus プラン)
・$35.99/年
・上記プランのすべて
・2アーティスト/バンド
・レーベル名をカスタマイズ可能
・リリース日を設定可能
・iTunesの値段を設定可能

(オプション)
・ShazamとiPhone Siri登録 -$0.99 / 年間
・YouTube Content ID登録 – 1曲$4.95 / 年間
・$7.95で将来的に新しく追加される音楽ストアに自動的に配信可能

RouteNote>

・無料
・登録楽曲数無制限
・アーティスト/バンド数無制限
・レーベル名をカスタマイズ可能
・リリース日を設定可能
・配信ストアの値段を設定可能
・Shazam登録
・YouTube Content ID登録
・将来的に新しく追加される音楽ストアに自動的に配信可能

楽曲配信にかかるコストを比較するとDistrokidは基本有料なのに対してRouteNoteは無料です。

機能的にはほぼ同じですがコストは全然違います。
これだけ見ると圧倒的にRouteNoteの方が良さそうですがDistrokidにも魅力があります。

2, 収益のパーセンテージ

収益パーセンテージ

・RouteNote : 楽曲収益の85パーセント

(10$で100パーセントに変更可能)

・Distrokid : 楽曲収益の100パーセント

このようにRouteNoteは収益の15%はRouteNoteに分配されますので実際に受け取れるのは収益の85%となっています。
10$で100%にすることは可能ですが、配信比率の高い方は毎回10$かかるので結局高額になってしまいます。

Distrokidの場合は有料プランではありますが、楽曲収益の100%を得ることができます。

すでに知名度があったり、楽曲収益が結構入る場合はDistrokidの方がオススメです。

3, リリースの早さ

楽曲を音楽配信代行サービス(Distributor)に登録してからリリースされるまでに掛かる日数は各サービスで違います。
一般的には2週間ほどで各ストアで自分の楽曲が配信開始されます。

RouteNote:最短2週間

Distrokid:最短2~5日 (ストアによっては翌日に配信されることもあります)

Distrokidは音楽配信代行サービス(Distributor)の中でもトップレベルに早いです。


どちらがオススメか?

まず初心者の方やまだ知名度が少ない方はRouteNoteがオススメです。
とにかく無料で楽曲を配信して知名度を上げていきましょう。

再生回数が少なくても経済的にマイナスになることがないからです。

初心者の方でも経済的に余裕がある場合はDistrokidを選ぶという選択をしてもよいかとは思います。

すでに知名度があったり、ほかのサービスを利用していてある程度収益が出る場合はDistrokidがオススメです。

オプションは利用しなくてもいいかと思うので、「Musician Plus プラン」で年間$35.99ですが、収益の100パーセントが入るのでマイナスにならない方は断然こちらがオススメです。

Musician プラン」の場合リリース日が設定できないので最短配信になってしまいます。

Spotifyのプレイリストへのサブミットをしたい場合は最低でも1週間先にリリース日を設定する必要があるので「Musician Plus プラン」にする必要があります。

結局、ある程度収益が見込めそうな場合はDistrokidの「Musician Plus プラン」。

始めたばかりの方はRouteNoteがオススメです。

実際に自分もRouteNoteを使っていて、収益が増えてきたあたりからDistrokidを使うようになりました。
今は新しい楽曲はDistrokidから配信するようにしています。

切り替えもできますし、複数のサービスを使うこともできるので安心です。

RouteNoteはこちらから (招待コード:2f854367

Distrokidはこちらから (このリンクから登録すると7%割引になります)

ぜひ自分に合ったサービスを見つけてみてください!

RouteNoteとDistrokidはどちらも優良サービスだと思います。