【DTM】音楽活動のモチベーションを継続させる方法10選

こんにちは!
今回はDTMer(音楽クリエイター)の方向けの記事です。

はじめに

DTM(楽曲制作)をしている方で、「音楽制作を仕事にしたい」や「個人で稼ぎたい」
という方は多いと思います。

楽曲を販売してみたり、YouTubeやSoundcloudで配信したりと様々な方法がありますが、
常に継続して楽曲制作をしているとネタに尽きたり、モチベーションが上がらない時もあります。

楽曲制作はもちろん楽しいと思いますが、挫折せずに継続させるためには
新たなアイデアやモチベーションが必要不可欠です。

そこで今回は長期的に音楽活動を継続させる方法をご紹介したいと思います。

1, 他人の楽曲を聴く

自分の楽曲以外の他のクリエイターの楽曲を聴くのはとても大事です。
使っている音やコード進行、構成など自分が普段使わないようなテクニックを使っている楽曲を聴くのはとても効果的です。

自分の楽曲では好みに偏りができ、よく使ってしまいがちな音や素材があったりします。
そこで新たな楽曲との出会いは自分の音楽活動にも新たなインスピレーションを与えることができます。

コピーはだめですが、自分もこんな雰囲気の楽曲を作ってみたいと思えるような出会いがあれば最高です。

自分と同ジャンルの楽曲だけでなく別のジャンルの楽曲を聴くのは特にオススメです。

その他にもSpliceで色々なオーディオ素材を聴いているとそれだけでアイデアが出てくること多々あります。

2, プリセット音源を色々聴いてみる

普段自分が使っているソフトシンセのプリセット音源を鳴らしてみると意外と新たな音との出会いがあるかもしれません。
使ったことのない音源やその音源を生かす楽曲制作のアイデアが浮かんできます。

自分で購入したソフトシンセやDAWに付属のシンセ等片っ端から音を聴いてみるのもいいと思います。

3, 新たな機材やプラグインを使ってみる

コストはかかってしまいますが、新たな機材やプラグインを購入するとそれだけでモチベーションは上がります。
新しいスピーカーやヘッドフォン、ソフトシンセやエフェクト等、
新たなものを購入したときは絶対に「使ってみたい」という気持ちが強いと思います。
コストはかかりますが、それで「新たな機材やプラグイン+モチベーション」が上がるのであれば
自分への投資感覚で効果的です。

音楽機材はサウンドハウスがオススメです!

4, 楽曲を販売したり配信する

楽曲をオーディオストック等の販売サイトで販売したり、
SpotifyやApple Music、YouTube等ストリーミングサービスで配信したりするのもいいかもしれません。

音楽活動をしている方であれば恐らく一番最初に始めている事かもしれませんが、
視聴者からのフィードバックや視聴回数がモチベーションにつながります。

Audiostockで楽曲を販売するオススメな方法

【楽曲配信】DistrokidとRouteNoteについて

5, 作業環境を変えてみる

デスク周りの作業環境を変えてみるとその場所で何か作業をしたくなりますよね。
ここからはさらに気持ち的な部分になってしまいますが、
自分の場合は机の上や周りに物がゴチャゴチャしているとやる気が起きないことが多いです。
ですのでなるべくデスク周りはシンプルにしています。
人によりますが、自分がそこに座って作業したくなるような環境を作ることはとても大事だと思います。

デスク上を快適にする机上台(モニター台)おすすめ10選

6, ストレスを減らす

本当に大事だと思うのが「ストレス」です。
ストレスを感じると「何もしたくない」と感じたり、
いいアイデアが浮かばず、自分のパフォーマンスが低下します。
音楽も芸術の分野で、このような分野はメンタルが大きく関わってくると思っています。

心に余裕がないときはモチベーションが上がらずいい作品が生まれにくいです。
(※これは個人的な考えなので勿論そうでない方もいると思います。)

仕事や人間関係、お金の問題など様々な事からストレスを受けますが、
1つ1つ解決していくしかないと思います。
例えば音楽活動を優先したい場合は、仕事を正社員ではなくアルバイトに変えてみて
最低限必要なお金だけ確保しつつ仕事からのストレスを無くして音楽に専念することも可能です。

7, 他人の活動を見てみる

ブログやYouTubeで他の音楽クリエイターの活動の様子を見てみるのもいいかもしれません。

人によっては収益を公開していたりするので、
自分の理想の未来を思い描きながら見ることでモチベーションにつながります。

ネガティブな部分ではなくポジティブな可能性にフォーカスすることが大切です。

8, 気分転換する

作業していてなかなか上手くいかないとき時の対処方法です。
今の時期外出して気分転換は難しい場合もありますが、夜の人が少ないタイミングで散歩してみたり、
ちょっとだけ買い物に出かけてみたり、気分転換することも必要です。

家の中でも映画やドラマやアニメを見たり、自分の趣味に没頭するのもいいかもしれません。
ただ没頭しすぎて作業に戻れないとさらにモチベーション低下の原因にもなるので気を付けないといけません。

少し矛盾するかもしれませんが、
自分の場合はいいアイデアが浮かばないときはどんなに時間が掛かってもアイデアを出していきます。
上手くいっていない事がストレスの原因になるタイプなので、いいアイデアが出るまで作業します。
そこでいいアイデアが出てきたタイミングで打ち込み保存しておいて一旦作業を止めて気分転換をします。
(具体的にはいい感じのメロディーとコードだけ打ち込んでおきます)

そのいいアイデアが保存してある状態だと気持ち的に作業に戻りやすく、
気分転換した後にすぐ作業に進めます。

なので上手くいっている時に気分転換してさらにモチベーションを高める作戦です。
人によっては、いいアイデアが生まれないときに気分転換してから再度気を取り直してから
作業した方がいい効果が出る場合もあると思うので本当に人それぞれですね。

9, 視覚的インスピレーション

これは特定の方に当てはまると思いますが、
楽曲を配信している方はアルバムアートやサムネイルとして画像を使用すると思います。
例えば、無料で使えるUnsplashや有料のShutterstockなどで画像を探している方もいると思います。

楽曲制作する前に画像を見てそこからインスピレーションを受ける方も多いのではないでしょうか?
「この画像をイメージした楽曲を作ってみよう」と画像とタイトルを先に決めておくとそのテーマに沿って楽曲制作ができます。

このように視覚的にアイデアを沸かせる方法もオススメです。

自分は暇なときに画像を色々見て次に使いたい画像をピックアップしたりしてます。

10, 行動する

正直一番はこれだと思います。
少し矛盾しているように感じる方もいると思いますが、
モチベーションを維持するためにはとにかく行動して継続させることが一番です。

〈継続するためにモチベーションが必要〉で

〈モチベーションを維持するためには継続が必要〉というのも何かおかしいと思われますが、

行動することで新たなアイデアが生まれますし、そのアイデアがモチベーションにつながります。
逆に行動していないと運頼みの状態です。
(いいアイデアが運よく降りてくるのを待っている状態)

少しの間行動していないと再度行動しようとする時に大きなエネルギーが必要になります。
それはその作業が習慣化されていないからです。

毎日行動を続けて作業を習慣化することでいい循環が生まれます。
(常にアイデアややりたいことがある状態になります)

やる気やモチベーションがなくてもとりあえず何も考えずに作業を始めてみてください。
少しでもいいので行動するということが大事です。

以前に書いたこの記事も参考にしてみてください。

【目標がある方向け】挫折せずに継続する・習慣化する4つの方法

さいごに

モチベーションにかかわることなので、
記事のほとんどがメンタルの事になってしまいました。。

個人的な意見ばかりですので、あくまで「こんな考えの人もいるのか」くらいの感じで読んでいただけたら幸いです。
ほんの少しでもモチベーションが上がれば嬉しいと思います。