【Shutterstock】音楽用に高品質なロイヤリティフリー画像を手に入れる方法

こんにちは!
今回は音楽クリエイター向けに音楽動画で使える高品質なロイヤリティフリーの画像を手に入れる方法をご紹介します。
(もちろん音楽クリエイター以外でも高品質なロイヤリティフリー画像を探している方向けです)

最後にはお得情報も一応載せておきます!

はじめに

音楽クリエイターにとって画像は作品のアートワークになるものでとても重要な存在です。
特に個人で活動している音楽クリエイターやアーティストであれば、
高品質なロイヤリティーフリーの画像を探している方は多いのではないでしょうか?

作品のアートワークとしてSpotifyやAppleMusicなどで使用したり、
YouTubeやInstagramで動画のサムネや背景にしたりと
画像は音楽活動にはとても重要な役割を果たしています。

この記事では、本格的にかつ長期的に活動している人をターゲットに話を進めていこうと思います。

音楽用にオススメの高品質画像サイト

→ ShutterStock ←

本当に色々画像サイトを探した中で一番クオリティーが高く、
音楽に使いやすい素材が多かったのがShutterstockでした。

定番かもしれませんが、「結局これが一番」っていう感じです。
ただ高品質なだけあって、無料ではありません。

ですので本格的に音楽活動をしている(しようと考えている)方向けになります。

Sutterstockがオススメな理由

自分が個人的にSutterstockをオススメする理由は色々あります。

オススメな理由
  1. 高品質な画像が多い
  2. 音楽用に使いやすい素材が多い
  3. 画像の種類が多い
  4. サイトが使いやすい
  5. 有料なので被りにくい

大きく分けるとオススメの理由は5つに分かれます。

1. 高品質な画像が多い

有料なだけあって無料サイトには無い高品質な画像が多いです。
ダウンロード時に画像サイズを選べるためサイズ変更による画質の低下も防ぎやすいです。

無料サイトではよく画像に対して「なんか惜しい!」と感じることが多かったのですが、
Sutterstockには痒いところに手が届くような「これ!」と思える良い画像があります。
(実はこれがShutterstockを使い始めた一番の理由です)

あとは画像を販売する側も誰でもアップロードできる訳ではなく、
Sutterstockの定めた要件に基づいている画像だけが販売されているため安心です。

2. 音楽用に使いやすい素材が多い

これは個人的な意見ですが、
音楽用の画像となると楽曲のタイトルやロゴを入れるため画像と文字の場所のバランスや色合いを意識するのですが、
画像のインパクトもありつつ文字を入れるいいスペースもあってほしい」という何とも言えない絶妙なバランスを求めている自分でも
求めている画像が多くあるのも魅力的です。

自分の求めているジャンルを詳細に検索することもできるので、音楽のジャンルや好みに合った画像を探しやすいです。

3. 画像の種類が多い

3億5000万以上の画像が販売されており日々更新されています。
検索する際に新しい順に検索することで最新の画像を見ることができます。

音楽を頻繁に作成し配信しているクリエイターの場合は画像に困ることはなく重宝するのではないでしょうか?

さらに画像の種類についても、
壮大な景色や爽やかな海、お洒落な雰囲気の画像から青春なアニメ画像やノスタルジックでファンタジー間溢れる画像まで幅広い種類の画像があります。

4. サイトが使いやすい

これもShutterstockがオススメの理由です。
まず個人的に気に入っているのは「お気に入り機能」です。

自分でフォルダを作成して気に入った画像を保存しておけます。
楽曲制作の1つのアイデアとして画像からインスピレーションを受けることも少なくないです。
画像を探していて「良い!」と思った画像をお気に入りのフォルダに保存しておくことで
いつでもその画像にアクセスできます。

暇なときに画像を探してお気に入りに保存しておくことで画像探しの効率を上げることができオススメです。

さらには検索機能も多機能です。
画像内に人物が入っているかどうかのフィルターや、さらにその人物の年齢や男女等細かいところまでフィルターをかけることができます。

あと画像サイズはもちろんの事、メインで使われている色を選べたり、ベクター画像、イラスト、写真を選べたりもできます。

そして「アセットデータ」と言って、
その画像がどのくらい使われていて人気なのかというデータも表示されているため画像の選び方が豊富にあります。

5. 有料なので被りにくい

無料の画像を使っていた時は他のクリエイターと画像が被ることがよくありました。
音楽クリエイターとして活動していくにあたって「できる限りオリジナリティーを出したい」
と感じるようになり、有料の場合は無料に比べるとか画像が被りにくいだろうと思いShutterstockを使い始めました。

勿論有料でも誰でも利用できるので被る可能性はありますが、
それでもやっぱり被りにくくなりました。

Shutterstockの画像プランについて

大きく分けて2つのプランがあります。
Sutterstock

Shutterstock画像プラン
  • 定額プラン

値段がお得になっている月額プランです。

  • オンデマンドプラン

必要なときに画像を入手でき、継続契約がないプランです。

画像の必要頻度によって選ぶのが一番ですが、
定額プランはオンデマンドプランより圧倒的にお得になっています。

頻繁に楽曲制作をする場合は、定額プランの画像10点のプランが\6000/月でオススメですが、長期的に活動する場合は\3500/月の年間プランがかなりお得です。

画像を多く使いたい場合や、高頻度で使う場合は一番お得なのが年間契約プランです。
自分は画像10点の年間契約プランに入っています。

画像10点なので毎月そこまで使わないのですが、1年間で120点の好みの画像を集めておくと困らないだろうと思ってます。

年間プランの場合は1か月間の無料期間があり、その際にキャンセルも無料になっているため、
誰でも画像10点は無料で手に入れることができます。

プラン選択は本当に人それぞれですので、
自分にあったプランを選んでみてください。

Shutterstockのお得情報

まず明らかにお得なのは、
「画像10点の年間プラン月払いが1か月間無料かつキャンセル無料」

これは誰でも無料で10点画像をゲットできるので手に入れておくに越したことはないです。
1か月の無料期間内にキャンセルすれば無料で10点ゲットでき無料でキャンセルできます。

Shutterstockを使ってみたい方はまずこれから始めてみるのはいいかもしれませんね。

あとは、
こちらのリンクから年間プランを契約すると「4000円分のアマゾンギフトカード」がもらえます。

1年プランを契約する人にはお得ですね。


さいごに

自分の場合は、音楽で少し収入が出てきた時に有料の画像を使おうと決めました。
魅力的な画像の効果は大きく音楽を聴いてくれている方の中には画像を気に入ってくれる方も多くいます。

もし自分のように無料の画像サイトや他の画像サイトで少し不満があるような方はShutterstockを試してみてください。
画像選びも楽しく作業のモチベーションに繋がります。